第11回低平地市民フォーラム開催案内

 本フォーラムは毎年,「低平地」を切り口に様々な話題を市民向けに提供しています.今回は「地球温暖化」をキーワードに掲げました.佐賀・低平地は平坦で居住空間として有利な面を有するものの,軟弱地盤であることや水位上昇の影響を受けやすい低地でもあります.このような中,IPCC第4次報告書では地球温暖化の原因がほぼ人間活動に伴う影響であると報告しています.温暖化の影響は身近に迫りつつある問題として,多くの人たちが積極的に取り組んでいかなければならない問題となっています.また,九州北部での光化学スモッグを始め,地球温暖化の影響は国内はもとより,越境移動も生じています.特に九州は経済的な面も含め,中国との関係は非常に重要です.
 第1部ではテレビ朝日「報道ステーション」のコメンテーターとしてご活躍し,また中国問題にお詳しい朝日新聞社編集委員の加藤千洋(かとうちひろ)氏をお招きし,中国の政治・経済問題を絡めた環境問題について話題提供をお願いしています.また,第2部ではパネリストとして佐賀地方気象台次長,国交省九州地方整備局武雄河川事務所長,佐賀市消防防災室長,佐賀県くらし環境本部環境課長,佐賀市立久保泉小学校教諭,佐賀市立成章中学校教諭をお迎えし,各方面から地球温暖化や環境問題への取組みについての話題提供および討論・質疑を行います.さらに、久保泉小学校および成章中学校の生徒さんたちによる研究発表も行われます.皆様方多数のご参加をお待ちしております.なお,定員(300名)になり次第締め切ります(案内ビラ参加申込書).

■テーマ:「身近に迫る地球温暖化の影響 〜佐賀低平地での対策は?〜」
■日 時:平成19年10月19日(金)13:00〜17:00
■場 所:アバンセホール(佐賀県立女性センター・佐賀県立生涯学習センター)

■主 催:第11回低平地市民フォーラム実行委員会(佐賀大学低平地研究センター,佐賀県,佐賀市,土木のイメージアップ連絡協議会,低平地研究会,日本建設技術株式会社,松尾建設株式会社)
■共 催:国交省九州地方整備局武雄河川事務所,国交省九州地方整備局佐賀国道事務所,国交省九州地方整備局嘉瀬川ダム工事事務所,国交省九州地方整備局河川総合開発工事事務所,佐賀県土木建築技術協会,土木学会西部支部
■後 援:佐賀県教育委員会,佐賀市教育委員会,朝日新聞社,佐賀新聞社,西日本新聞社,毎日新聞社,読売新聞佐賀支局,STSサガテレビ,NHK佐賀放送局,ぶんぶんテレビ,NBCラジオ佐賀,エフエム佐賀

 詳しいお問い合わせは,第11回低平地市民フォーラム実行委員会事務局・猪八重(いのはえ)まで(Tel:0952-28-8582,E-mail:forum11@ilt.saga-u.ac.jp).