Sorry, this website is Japanese only.
/低平地研究会 /低平地沿岸海域研究センター /国際低平地研究協会 /有明海研究
低平地研究会
低平地沿岸海域研究センター 国際低平地研究協会
有明佐賀空港 ■ご来佐の際はぜひ有明佐賀空港をご利用下さい♪
■更新情報
 
2016/5/16

「低平地研究会からのご案内(2016年度)」が更新されています。

2016/4/11

平成27年度活動報告会および特別講演のご案内」が更新されています。

2016/3/28

「会員の動向」が更新されています。

2016/2/19

「低平地研究会からのご案内(2015年度)」が更新されています。

2016/1/19

「会員の動向」が更新されています。

2015/08/25

「会員の動向」「低平地研究」が更新されています。

2015/08/25

「事業案内と組織図」が更新されています。

2015/04/30

「ネパール地震の被災者支援に伴うご協力のお願い」が更新されています。

■ネパール地震の被災者支援に伴うご協力のお願い

ネパール地震の深刻さはすでに多くの報道機関によって詳細が伝えられているところです。

佐賀大学には現在、教職員および学生の立場として5名のネパールの方々が在籍しています。当委員会の所属機関においても1名のネパール籍教員が在籍していることから、被害の深刻さがいっそうの実態感を伴って伝わってきています。

当委員会の所属機関は海外にサテライトを構えていることをはじめ、同所属機関の発足の当時から多くの国内外における研究者・技術者との間で研究・教育連携を持続的に発展させてきています。タイ・バンコクに拠点を構える研究仲間は、ネパール地震の発生直後に迅速な調査や支援物資の搬送を開始していること、また、国内外における多くの研究仲間からは、災害に対する知見が豊富な当委員会の所属機関が今こそ拠点化し、ネパール地震の被災者支援に臨むべきとの声が多く寄せられていること、などのことから、このたびの取り組みを始めました。

つきましては、なにとぞ上記の趣旨にご賛同いただき、今後の行動をともにしていただけると幸いに存じ、ご協力のお願い申し上げる次第です。

別紙により、支援金募集についてご案内しますので、ご協力ください。お寄せいただいた支援金は厳正な会計管理のもと、ご賛同いただいた皆様のご氏名・ご所属先等の情報とともに今後の災害調査団の派遣、物資の調達・搬送など、現地で最も効果的かつ必要とされるものに使用させていただく予定です。また、後日開催予定のネパール地震に関する報告会にぜひ招待させていただきたく存じます。

上記の件につきまして、よろしくお願い申し上げます。


【ダウンロード】   支援詳細(PDFファイル)

【ダウンロード】   支援詳細(WORDファイル)

■個人会員・特別会員 募集中!

 

 

各位

 

低平地研究会への加入のお誘い

低平地研究会
会長 緒方 耕治

拝啓

 各界のご支援を得て平成5年11月に発足しました低平地研究会は、低平地問題について地域技術者だけではなく、広く国内外における技術者との共同研究の実施や技術セミナー等の開催など、意欲的に活動しております。

 この機会に低平地問題に関心をお持ちの皆様も是非会員になられますようご 案内申し上げます。

敬具

各会員の内容 /規約 /内規
■低平地研究会からのご案内
  ・低平地研究会からのご案内(2016年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2007年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2008年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2009年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2011年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2012年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2013年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2014年度)
過去の低平地研究会からのご案内(2015年度)
■低平地研究会について
 平成3年、佐賀大学低平地防災研究センターが設立され、 基礎研究、応用研究、産業学海(外)共同研究などを推進するとともに、 国際セミナーや公開講座なども積極的に開催されました。 一方、九州北部学術研究都市整備構想の佐賀地域整備計画(案)では、 低平地研究が地域の特色ある重要研究テーマとして取り上げられるなど、 低平地問題に対する内外の関心が高まり、低平地研究の重要性が広く認識されつつあります。

 このような状況に鑑み、低平地研究、低平地に関する情報交換、並びにその支援を図り、 地域の振興に寄与することを目的として、低平地研究会(任意団体)が平成5年11月1日に発足されました。

事業内容と組織図 /運営委員と役員名簿
■前低平地研究会会長 宮崎善吾氏のご功績を讃えて
宮崎善吾前低平地研究会会長  平成15年6月11日、宮崎会長の体調不良をお聞きして以来、その回復もままならぬことばかり耳にしていましたが、誠に残念ながら平成18年12月13日ご逝去の報に接し、それなりの覚悟はしていたものの全身から力が抜ける感じで、正に人生の儚さを真っ向から投げつけられた思いでした...

低平地研究会
会長 権藤 幸彦

記事の詳細へ

(編集注:宮崎善吾様における崎の正しい漢字は、山へんに立、可を組み合わせたものです)

■特別顧問 権藤幸彦氏のご功績を讃えて
権藤幸彦低平地研究会特別顧問  平成27年2月17日に権藤幸彦氏のご逝去の報を受け、愕然といたしました。一昨年仲間 たちの集まりの席で、突然病魔に冒されていることを平然と告げられたところですが、持ち前の豪放磊落の気質で病魔を克服されると信じていました。術後も低平地研究会やその 他の会合でお会いした時徐々に回復されておられるご様子で安心していたところでの訃報 で私たちの大先輩・師でもあった権藤前会長のご逝去は世の定めとはいえ、偉大な後ろ盾、 目標を失った感が致しました...

低平地研究会
会長 緒方 耕治

記事の詳細へ

 

■各専門部会の活動
・水専門部会 専用ページへ ・地盤専門部会 専用ページへ
・経済専門部会 /専用ページへ ・歴史専門部会 /専用ページへ
・くらしと文化専門部会 専用ページへ ・地域デザイン専門部会 専用ページへ
■会員の動向
株式会社日水コン 特別会員:日本水工設計株式会社

 弊社は、昭和43年(1968年)の創立以来、半世紀にわたり「水と環境の総合コンサルタント」として地球環境の保全と快適で安全な街づくりに貢献してまいりました。上下水道事業は改築更新の時代を迎え、施設の統廃合による維持管理の効率化、資源化や省エネルギー対策、頻発する自然災害への備えなど解決すべき課題が山積しています。今後も、さらに多様化する課題の解決に向けて、....

会員動向の詳細へ
■低平地市民フォーラム
第12回低平地市民フォーラム開催報告(速報版)

 去る平成20年10月10日(金)、佐賀県立美術館美術館ホールにて、第12回低平地市民フォーラム「「問われる地域力!」〜人とまちをつなげる地域の情報〜」を開催しました...

詳細ページへ
第11回低平地市民フォーラム(速報版)
■低平地研究
低平地研究No.23 低平地研究No.24が下記の内容で発行されています

巻頭言 Prof. Emil Salim

権藤特別顧問のご逝去を悼む 緒方耕治

特集 低平地沿岸域の生態系

・浅い湖沼に堆積する有機物の起源
西村 修

・河道内氾濫原環境の劣化と再生
−イシガイ類と河道掘削と着目して−
萱場 祐一

・有明海北部沿岸域のクリーク網:希少な淡水魚類が多く残される理由
鬼倉 徳雄

・松浦川アザメの瀬におけるセイタカアワダチソウ群落の物理的抑制要因
林 博徳

論文・報告

・海水環境下で劣化したセメント混合処理土の強度特性
末次 大輔・原 弘行

・コンビニエンスストア事業者の価値基準が太陽光発電システム導入行動に及ぼす影響分析
木梨 真知子

 

他、多数掲載

低平地研究の詳細ページへ
■リンク
リンクの詳細へ
■お問い合せ先
低平地研究会事務局
担当:副島留美子
〒840-0857
佐賀市鍋島町大字八戸字上深町3182番地
(公財)佐賀県建設技術支援機構 内

TEL:0952-26-1666(代)
FAX:0952-26-1675

E-mail:r−soejima@@sagacat.or.jp
佐賀大学低平地沿岸海域研究センター
担当:江頭明子/三島悠一郎/日野剛徳
〒840-8502
佐賀市本庄町1番地


TEL:0952-28-8582(代)
FAX:0952-28-8189

E-mail:lora@@ilt.saga−u.ac.jp
※E-mailのご利用に際しましては、「@」マークを1つ消去して下さい。
All rights reserved
Lowland Research Association, JAPAN
低平地研究会 運営委員長 荒木宏之
Webpage Renewaled on October 6, 2007
/低平地研究会 /低平地沿岸海域研究センター /国際低平地研究協会 /有明海研究
旧 低平地研究会のホームページ
※旧低平地研究会ホームページは、新ホームページへの内容移行の後、閉鎖します。