平成18年度低平地研究会シリーズ講演会開催報告

 

                 低平地研究会 幹事長・山 西 博 幸

       (平成18年度低平地研究会シリーズ講演会部会長連絡調整幹事)

 

 私たちが住む佐賀平野は,広大な低平地であり,北は背振山地を背し,南は日本有数の干満差を有する有明海に面しています.平野部は元来海であったと考えられ,長年にわたる河川からの土砂の輸送・堆積によって沖積平野として形成されました.一方で,このように形成された佐賀平野は世界的にも屈指の超軟弱な有明粘土地盤によって成り立っています.また,低い土地である低平地は水が集積しやすく,生物・生産活動が地球上で最も活発な地域であるといってよいでしょう.世界的な文明の多くがこのような低平地域を中心として発展してきた歴史からも容易に理解されます.このように平坦で居住・都市空間として有利な面を持つ低平地での快適な空間形成の創造は,今後もますます重要となってくるでしょう.

 現在,研究会には低平地域の「地盤(部会長:日野剛徳氏)」,「水(部会長:山西)」,「経済(部会長:大矢野栄次氏)」,「歴史(吉田洋一氏)」,「暮らしと文化(部会長:池田剛氏)」,「地域デザイン(部会長:三島伸雄氏)」といった切り口の専門部会が6つ設置されており,毎年,各部会毎で活発な研究活動を展開しております.平成18年度は,従来同様の部会活動とともに,研究会会員相互の情報共有のため,各部会からの情報発信をリレー形式の講演会として開催する試みました.初めての企画のため,特に共通のテーマを掲げることはせずに全7回の講演会を実施致しました.開催日時,講演題目及び講師等は以下の通りです.

 

第1回(水専門部会担当)

 日 時:平成181013日(金)15001700

 場 所:佐賀大学理工学部6号館2F多目的ホール

 題 目:「地球温暖化と水」

 講 師:国立環境研究所・社会環境システム研究領域長・原沢英夫氏

第2回(水専門部会担当)

 日時:平成181020日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館2F多目的ホール

 題目:「低平地における防災・危機管理対策」

 講師:国土交通省武雄河川事務所長・中平善伸氏

第3回(歴史専門部会担当)

 日時:平成181110日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館2F201講義室

 題目:「石井樋の成立について」

 講師:さが水ものがたり館館長・金子信二氏

第4回(地盤専門部会担当)

 日時:平成1812月1日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館1F大講義室

 題目:「地盤を知って得をしよう」

 講師:基礎地盤コンサルタンツ株式会社九州支社長・田上裕氏

第5回(地域デザイン専門部会担当)

 日時:平成1912月8日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館2F多目的ホール

 題目:「低平地佐賀の歴史的環境の再生を考える

  ~鹿島市肥前浜宿の茅葺きくど造り・旧乗田家住宅の保存修理工事から~)」

 講師:有限会社江島建築事務所代表・江島明義氏 

第6回(暮らしと文化専門部会担当)

 日時:平成19112日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館1F大講義室

 題目:「文化遺産を活用した街づくり」

 座長:オフィスフィールドノート代表 砂田光紀氏 

第7回(経済専門部会担当)

 日時:平成19年3月2日(金)15001700

 場所:佐賀大学理工学部6号館1F大講義室

 題目:「有明海と古事記の世界」

 座長:久留米大学教授・大矢野栄次氏

 

 いずれも時宜に即した内容で毎回3050名の参加者を得ることができました.なお,各回の講演に用いられた資料を講演要旨集としてとりまとめました.必要な方は研究会事務局宛ご連絡ください.やや専門的な内容もありますが,低平地を切り口とした広範囲の内容を知る上で,貴重な資料となっています.また,巻末には各講演会でのアンケート結果を集計し,付録としてとりまとめました.本冊子のご感想も含め,今後も皆様方からのご意見をいただければ幸いです.