○平成18年度水専門部会活動報告(部会長・山西博幸)

 昨年度実施した水専門部会シリーズ講演会を今年度も2回実施いたしました.今年度は,研究会のさらなる活動の一環として,各専門部会からタイムリーな話題をリレー形式で実施したシリーズ講演会の一環として行いました.いずれも低平地に関わる広範な内容であるとともに,通常ではなかなか聞けない講演ばかりで,本講演会を通じて,切り口の異なる視点から見た低平地の現状や課題,そして研究の一端をご理解いただけたのではないかと思います.水専門部会は,第1回,及び第2回を担当し,「低平地」,「水」,「防災」,「地球温暖化」をキーワードに2人の講師にご講演いただきました.以下,本年度の活動概略をとりまとめました.

 

(1)「水専門部会シリーズ講習会()(兼 研究会シリーズ講演会(1))」(参加者53名)

 日  時:平成18年10月13日,15:00〜17:00

 講演題目:「地球温暖化と水」

 講  師:原沢英夫氏(独立行政法人国立環境研究所・社会環境システム研究領域・領域長)

 場  所:佐賀大学理工学部6号館2F多目的セミナー室

 第1回講演では,国立環境研究所の原沢英夫氏をお招きし,「地球温暖化と水」と題してご講演をお願いしました.参加者は53名で,会場に設営した座席はほぼ満席状態でした.亜熱帯化が進む日本は今後どうなっていくのか,その影響はどうなるのか.また,原沢氏が関わる地球規模的なプロジェクトやIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の動向もご紹介頂きました.水際に接する低平地域ではもちろんのこと,低平地にかかわらず一般生活にも影響する本話題は多くの方々に非常に興味を持っていただけました.とくに,いくつかのシナリオによる地球上の気温変動のシミュレーションは,予想以上の環境変化に多くの参加者が原沢先生の話に聞き入っておりました.今後,わたしたち人間が地球温暖化防止のために何をすべきなのかについて大いに考えさせられました.

 

 


(2)「水専門部会シリーズ講習会() (兼 研究会シリーズ講演会(2))」(参加者52名)

 日  時:平成18年10月20日,15:00〜17:00

 講演題目:「低平地における防災・危機管理対策」

 講  師:中平善伸氏(国土交通省武雄河川事務所長 

 場  所:佐賀大学理工学部6号館2F多目的セミナー室

 第1回講演では地球規模での水問題についてご説明いただきましたが,第2回講演では私たち身近な問題としての水問題を取り上げ,佐賀県の地元で広域的な防災対策を行っている武雄河川事務所長の中平氏をお招きしました.参加者は52名で,前回同様多くの方に参加していただきました.近年の想定外の自然災害の多発と佐賀低平地の水害についてご説明いただきました.また,施設整備による防災からソフト対策も含めた減災への発想転換,例えば,災害情報伝達体制の整備としての広域支援及び防災情報のネットワークの必要性などについてご説明いただきました.

 

 

(3)有明海研究に関する論文集発行補助(有明海の研究,第4巻)

 低平地研究センターを中心に,学内外の関係者による有明海沿岸域の環境に関わる研究成果をとりまとめたもので,今回で4回目の発行となります.この論文集発行補助を行いました.本冊子から最近の研究成果の動向をしることができます.

 

○平成19年度活動報告

(1)水専門部会シリーズ講演会の実施(各部会からの話題提供をとりまとめたリレー形式のシリーズ講習会として継続予定)

(2)定期的に水環境に関わる研究者や実務者をお招きし,話題提供をお願いするシリーズ講演会とともに,有明海研究の論文集発行補助,有明海低平地域における水環境に関するセミナーおよび技術指導を随時開催する予定です.

 

平成17年度の活動報告はこちら