ただ今のページは /研究室の活動/マロロ先生と研究室を過ごして です
前のページに戻る

 マロロ先生と研究室を過ごして






軟弱地盤研究会におけるマロロ博士の講演1

軟弱地盤研究会におけるマロロ博士の講演2

軟弱地盤研究会におけるマロロ博士の講演3

三浦研究室OB達との記念ショット

 朝研究室に来ると、マロロ先生との間で「Good morning!」のあいさつから始まります。英語を勉強してきて随分経ちますが、実生活で使うのは初めてでした。

 マロロ先生、日野先生、田中さんとよくお昼ごはんを食べに行きました。そこに、時々でしたがサマン博士も加わり、国際的な昼食会になることもありました。好きな食べ物のことに始まり、カナダのこと、家族のこと、バスケットのこと、いろんなことを楽しく話しました。時には真剣に「地盤」について語り合うこともありました。時間がなくて、昼食を毎回は食べに行けなかったことが残念です。

 マロロ先生はよく佐賀大学のグラウンドに走りに行っていました。ある日、ランニングから帰ってきた先生に話しかけると、K's電器に行って来たと言われました。子供さんへのお土産として、「ハウルの動く城」のDVDを探しに行っていたらしいのです。カナダでは来月公開のため、その前に子供さんに見せてあげたいとのことでした。マロロ先生の見せてくれた子供想いな一面がうれしくて、翌日私たちはいくつも店を探し回りました。結局見つからなくて、代わりに買ったポストカードと本をプレゼントしました。果たして子供さんは喜んでくれるか心配です。

 マロロ先生の発表を聴きに軟弱地盤研究会に行きました。マロロ先生の丁寧な資料と解りやすい説明による素晴らしい発表でした。佐賀大学での発表では、このとき受けた質問と答えを加えた、さらに完璧な発表でした。

 初めは英語に対して不安でしたが、だんだん聞き取ることはできるようになりました。しかし聞き取ることはできても、気持ちを言葉にできないというもどかしさを感じました。先生と出会ったことで英語を話せるようになりたいと強く思うようになり、今、英語の特訓中です。

Spend time in a laboratory with Dr. Marolo

When I come to laboratory in the morning, I begin with greetings of "Good Morning!" between Dr Marolo. I studied English for a long time, but it was the first time that I used in real life.

I ate lunch with Dr Marolo, Dr Hino and Ms Tanaka well at university consumers cooperative. Dr Samang joined the lunch sometimes, and there was able to be a thing becoming more cosmopolitan. In the lunch, we spoke our favorite food first and talked about Canada, family, basket and so on pleasantly. We also spoke geotechnical engineering seriously sometimes. It is disappointing for Ms Tanaka and me that it was not eaten lunch with Dr Marolo sometimes.

Dr Marolo ran well at a ground of Saga University. One day I talked to him who returned from running. He just went to K's electricity shop at the same time. He went to look for DVD of " Hauru moving castle" movie to K's electricity shop as a present to his child. Because the movie was shown in Canada in next month, he wanted to show it to his son beforehand. I felt it glad in the one side that was a child guess of him. So Ms Tanaka and I visited many shops the next day in order to find the movie. The movie was not found, and we bought a postcard and a book of it instead of the real one, and then presented it to him. We are afraid whether the present has his son please.

We participated in soft ground meeting in order to hear a lecture of Dr Marolo. It was easy for us to understand because he was using a polite document and lectured. He gave a lecture in Saga University, but was polished in contents more.

I was weak in English, but get possible to hear it gradually. However, I cannot express yet it well even if I get possible to hear English. By an encounter with Dr Marolo, I wanted to get possible to speak English more.

長部槙子 記
前のページに戻る