ただ今のページは /研究室の活動/第40回地盤工学研究発表会に参加して です
前のページに戻る

 第40回地盤工学研究発表会に参加して






学会会場(函館市役所)

発表の様子

発表を終えて一安心の様子

学会会場での記念ショット(函館市消防本部庁舎)

函館市の風景

朝市の風景

 平成17年7月4日(月)〜9日(土)にかけて、第40回地盤工学研究発表会に参加してきました。

 発表会3日目の7月7日(木)、この日は原君と僕のセッションが開催されました。僕のセッションは午前J(9:00〜10:30)の時間帯、函館市消防本部庁舎で開催されました。地盤中の物質移動(特に地下水流動)についてのセッションでした。6分間という非常に短いプレゼンテーションであり、伝えたいことを的確な表現でうまく発言できるか試されましたが、特に緊張しやすい体質なので、ずっと、ドキドキしていました。

 僕の研究で使用している解析ツール「GMS」は、昨年より使い始めたばかりであり、まだ十分に使いこなせていない状態での研究結果だったので、プログラムや、解析ソフトをうまく使いこなせている他人のプレゼンテーションを見ると、たいへん萎縮してしまいました。

 反省点としては、数値解析する際の各定数の値(ソフト入力値等)や定数自体の正しい意味を十分に把握していなかったということです。このことは、特に質疑されたときに痛感しました。プレゼンテーションの内容、進め方など反省点もたくさんありましたが、今後に向けて得たものも多かったです。

 5日〜7日の3日間は、学会中心のスケジュールで行動していましたが、8日は少し観光できました。函館市は、観光スポットがたくさんあり、どこに行こうか迷いました。

 8日(金)は少し早起きしました。起きている人がいれば一緒に朝市にでも行こうかなと思い、奥薗健吾君(林研究室所属、修士課程2年)、田中誠君(林研究室所属、修士課程2年)、原君達の部屋を訪ねて回りましたが、皆熟睡中でした。1人で行こうかとも思いましたが何か寂しいので、日野先生、今村博士と一緒に行くことにし、朝市場へ向かいました。前日まで気温が低く曇り空でしたが、この日になってやっと天気が回復し、心地よく外を歩くことができました。

 函館朝市は、JR函館駅西口の近くで行われています。とれたての魚介類(特にカニ、イクラ)、メロン、野菜、乾物(干物)の店が軒を連ねていました。各店、一口サイズのカニとメロンを試食用として設けており、無料でカニを食べることができ、得した気分でした。その後、港周辺を散歩しました。

 その後今村博士が五稜郭へ行くということになり、いまだホテルにいた仲間達を誘い、集合時間を決め、皆で観光をするようにしました。日野先生はお仕事があるとのことで、朝市会場で別れました。集合まで時間があったので、五稜郭に行く予習のためにJR函館駅の近くにある「土方歳三最期の地碑」へ行くことにしました。土方歳三は「新撰組鬼の副長」ということでたいへん有名人ですが、34歳という若さで戦死し、この世を去ったということに驚きました。きれいな花が供えられていて、この場所を訪れる人が多いことを感じました。

 今村博士と海鮮丼を食べに行きました。僕はウニとイクラが苦手なので、残念です。集合時間までカフェでコーヒーを飲んで時間つぶしをしました。

 柴さん(林研究室所属、博士課程3年)、奥薗君、田中君、原君達との合流の後、五稜郭へ向かいました。この地は箱館(函館)戦争の舞台であり、旧幕府軍(土方歳三側)が最後の砦として、明治政府軍に抵抗を試みていた場所です。幕末当時の砦跡があるのかなと思っていましたが、現在はその跡はなく、全体的に公園のような空間になっていました。途中に博物館があり、その入り口付近に大砲がありました。ここで記念写真を撮りました。衣装を250円で借りることができ、それを着ることにしました。どうせ着るなら新撰組の衣装を着たかったのですが、政府側の衣装しかありませんでした。それなりに楽しめました。

 同じような堀が続き、ある程度歩いたら疲れてきたので、五稜郭タワーへ向かいました。予定ではタワーの頂上から五稜郭を一望するつもりだったのですが、たいへん混雑しており、料金もかかるようでしたので、タワーには登らずお土産屋さんコーナーで各自休憩をとることにしました。ただの散歩コースみたいな感じでしたが、歴史が好きな人や新撰組が好きな人にとっては、とても感動する場所なのだろうと思いました。函館にきてようやく観光らしいことができました。天候にも恵まれよかったです。

 8日は皆で一緒に夕食を食べに行きました。柴さんも誘いましたが、塩ラーメンにかなりはまってしまったらしく、それ以外のメンバーで居酒屋に行きました。「春日」という居酒屋に行ったのですが、この店は奥薗君と田中君が見つけたところで、彼らはこの店が非常に気に入ったらしく、この旅行のうち3日間利用したとのことです。原君と僕も彼らとともに2日間通いました。この居酒屋は、院生4人にとって思い出の場所となりました。

 ホテルへ戻り、田中君の部屋で2次会を行いました。毎晩院生4人で遊んでいましたが、最終日なので日野先生、今村博士、柴さんも誘いました。日野先生は仕事があり、すぐに戻られました。その後、くだらない話で盛り上がるなどして、とても楽しい時間が過ごせました。隣の部屋で先生が仕事をしているにも関わらず騒いでしまい、すみませんでした。

 約1週間函館市にいたので、いざ帰る時が来るとたいへん名残惜しかったです。学会発表の準備や発表はきつかったですが、今後の研究のために得た情報は大きく、たいへん勉強になりました。最後にちょっとした観光まででき、充実した一週間を過ごせました。

坂本令 記

青函連絡船を後ろに記念ショット 土方歳三最期の地碑 政府軍の衣装を着て記念ショット 五稜郭探訪での1コマ
居酒屋「春日」の女将さんとの記念ショット 函館市最後の宴 函館といえば... 函館空港での記念ショット
前のページに戻る