ただ今のページは /研究室の活動/致遠館中学校SPP講座に参加して です
前のページに戻る

 致遠館中学校SPP講座に参加して






日野先生の講義の様子

致遠館中学校3年生の生徒達

生徒へ質問している様子

水と海水を混ぜた粘土の実験の様子

 平成17年7月16日の土曜日、佐賀県立致遠館中学校のSPP講座にティーチングアシスタントとして参加しました。

 久々の中学校への登校(?)で、懐かしい感じがしました。私のアシストしたSPP講座は「佐賀低平地はどのようにできたか」というテーマで、いくつかの実験をまじえながらの内容でした。実験の準備では、どうしたら中学生に分かりやすく伝わるか、試行錯誤の連続でした。不安でしたが、中学生が真剣に楽しみながら実験をしていたので、嬉しかったです。

 粘土に水や海水を混ぜたときのそれぞれの反応の違いに中学生も驚いていましたが、私たちも驚きました。その他、ユニークな実験などで、準備したスタッフ一同も楽しめました。あっという間の2時間でした。

 実験準備の過程で都市工学科根上先生のご指導をいただき、お陰様で本番はスムーズに運ぶことができました。ありがとうございました。

田中優子 記

前のページに戻る