ただ今のページは /研究室の活動/秋のソフトボール大会に参加して です
前のページに戻る

 秋のソフトボール大会に参加して






4位だぜぃ!

お疲れ様でしたー♪

 去る10月22日から23日にかけて、大学学生委員会主催のソフトボール大会に参加しました。

 林研究室博士前期課程院生・田中誠君の呼びかけで、低平地地圏環境学研究室(林研究室、日野研究室)連合チームを組みました。チーム名は林研究室博士後期課程院生・アジズル氏(バングラデシュからの留学生)に由来して、「チームMd(ムハマンド)」と名付けられました。

 ソフトボールは小学校の時にプレイした程度で、それ以来約10年間やっていなっかたので、バットスィング、グローブさばきなど全くもってどうもこうもなりませんでした。前日に「これはいかん!」と思い、バッティンセンターへ特訓に出かけました。どうにかこうにかバットをボールに当てることはできるようになりました。

 大会初日、日野先生が応援に駆けつけてくれました。初日で敗退するかと思いましたが、なんと勝ち進み、大会二日目も出場することができました。主に林研究室メンバーが攻守ともにリードしてくれて、僕らはとにかく足をひっぱらないようにしようと必死でした。初日は地味に全打席出塁することができました。

 二日目、日野研メンバーは皆別件があり、大会には林研メンバーのみで参加していました。用事を終え学校に戻ると、まだ勝ち進んでいるという情報が入り、僕と田中優子さんとであわててグランドへ駆けつけました。僕は途中から参加しました。なんと、すでに準決勝の試合中でした。準決勝で敗れてしまいましたが、第4位というすばらしい成績を得ることができました。

 今大会で、日頃、自分がいかに運動していないかということを痛感しました。大会後二日間、筋肉痛になりました。ソフトボール大会を通じてメンバー同士更に絆が深まり、なによりも皆楽しんでいたので、今年度の思い出の一つになることでしょう。

坂本令 記
前のページに戻る