ただ今のページは /研究室の活動/ISLT2004への参加 です
前のページに戻る

 ISLT2004への参加






マダフ先生ご夫妻と再会記念写真

ISLT2004の会場になったラマガーデンズホテル

ホテルのロビー

ホテル常設のプール(泳げなかったけどね!)

ISLT2004メイン会場前の風景

ホテル内での夕食(タイ料理デビュー)

ホテルの1室(ツインを独り占め)

 平成16年9月1日(水)〜9月3日(金)にかけて、タイ・バンコクで低平地に関する国際シンポジウムISLT2004が開催されました。筆者にとっては初めての海外出張でもあり、前後の行動も含めて内容を日記調でご報告したいと思います。
2004年8月31日

 1日前に、大型の台風16号が九州を強襲しました。被害にあわれた方々のお見舞い申し上げます。果たして移動できるのか不安に駆られました。我が家は幸いにもゴールドクレストが1本だけ押し倒される被害ですみました。風が収まるのを待って応急処置。あとはタイから戻って完全復旧です。

 さて、8:30に今村博士と佐賀駅バスセンターで待ち合わせ。大串先生(理工学部都市工学科)もいらっしゃいました。杜博士、学生の中武君も一緒でした。高速バスに乗り込み福岡国際空港へ。空港で林先生、甲本先生(農学部)、牛原さん(日本建設技術)、井上さん(西日本技術開発)、内田さん(九州電力)らと落ち合いました。思いがけないところで梅崎先生(信州大学)、鈴木先生(山口大学)とも落ち合いました。梅崎先生は出国前に山口県でひと仕事控えられていたのですが、台風のために大幅なスケジュールの変更を余儀なくされたとのこと。お見舞い申し上げます。

 荷物を預けてボディチェック。ここまでは国内線の場合となんら変わりありませんが、国際空港でそれらを経るところからすでに初体験です。ここまでの写真を撮れていないのは、やはり緊張によるものだと思います...タイ航空便に乗って九州を離陸。いざ出陣!!

 さすがは異国便。飛行機の中から既に異国ムードが漂っています。機内食を選んでいるときに、思わずCMの「フィッシュプリーズ!チキン、オゥンリー!!」のシーンを思い出しました。タイ航空の関係者はそこまで傍若無人ではありませんでした、念のため。カレーを選んで食べたのですが、あまりおいしくありませんでした...そろそろ機内に飽きかけてきたので、窓から下を眺めてみると、明らかに東南アジアの陸地を見ることができました。おそらくベトナムの上空あたりだったのではないかと思います。タイに近づいてきているんだなぁ、と思いました。

 タイ国際空港に無事到着。さぁ、ここからさらに緊張は高まります。なにせ入国手続きからして初体験です。恐るおそるパスポートを差し出せば、おそらく写真と実物を照合しているのでしょうが、キッと睨まれます。そんなに睨まなくても...ここを無事に通過して手荷物を受け取り、さて次は換金です。円とバーツの価値観の違いをまったく把握してこなかったので、いくら換金すればよいのやら。同行者らの流れに従って2万円分をバーツに換金しました。この時点で翌日の会議登録料支払いのことなどまったく頭から抜け落ちています...

 空港到着時に14、5人の同行者の数になっていましたので、甲本先生の一声、「便乗してリムジンでホテルまで行くぞ!」。タイはそんなところなのだろうとなんら疑問にすら思いませんでしたが、次第に経済事情がわかってくるにつれて、なんと贅沢なことだったのかがわかりました...また、同行者間の動きもなかなか一致せず、割り勘もままなりませんでした。甲本先生、苦労をおかけしてしまいました...

 ホテルに到着すると、ベルボーイがリムジンのトランクからさっと荷物を運んでくれます。この雰囲気もあまり慣れているものではありません。今村博士がフロントに行ってチェックインを済ましてくれようとすれば、何やらちょっぴりトラブルっぽい。チェックアウトの日付・時間帯と帰りの飛行機のフライト時刻の関係についてフロントが勘違いしていた模様。さらには朝食券も旅行会社の段取りどおりにはくれない。なんだかんだで実に1時間半ほどフロントに拘束される始末。拘束し過ぎだよ、おい!これらのトラブルはまだかわいい内で、梅崎先生らはISLT事務局の手違いのためか、ホテルの予約すらなされていなかった状況。交渉の末、何とか難を乗り切られたようでした。

 マダフ先生(元インド工科大学・低平地防災研究センター教授)ご夫妻との再会も果たすことができ、何とかホテルで一息つけてホテル内で夕食。初の本格的(?)タイ料理デビューです。海外における腹痛騒ぎはいやと言うほど聞かされてきましたので、恐るおそる食事。く、食えるじゃないですか!ただし辛い!!SINGHA BEER(シンハビール)も美味しい!でも深酒厳禁!!

 こんな感じで1日目は更けていきました。さて、明日からはISLT2004です。就寝前に歯を磨くときにも部屋に備え付けの水(ビン詰め2本、無料)を使用。水道水への信望は厳禁との事前情報を思い出したため。こ、これでいいのであろうか。水の貴重さを改めて実感。

前のページに戻る