ただ今のページは /こんにちは!日野研究室です/18年度日野研究室紹介 です
前のページに戻る

 18年度日野研究室紹介






 こんにちは!日野研究室です。

 地盤一筋、愛娘命である日野剛徳先生、多趣味多才、(まもなく)愛妻家の今村敬博士の熱きご指導のもと、有明海湾岸低平地域に広がる地盤・環境の問題を解決するため、日々研究を行っています。

 今年度は、設立後もっともスタッフの数が充実しており、博士前期課程(M2坂本、M1田中)、4年生(碇、岩切、大神、北村)からなる計6名の学生が在籍しています。

 主なテーマは:

 ・有明海沿岸道路に関する研究
 ・港湾・漁港・クリーク域における浮泥・底泥の盛土材料としての有効利用に関する研究
 ・有明海海底地盤に関する研究

です。

 それらをもとに、さらにテーマを絞り、各自の研究テーマとして取り組んでいます。

 また、日々の研究スタイルとして、筆者を中心とした数値解析・データ分析班、田中率いる土質試験・化学分析班に分かれて研究していますが、外部機関との受託・共同研究や学会、研究会等に参加する機会が多く、第一線の技術者の方々や他大学の先生方との交流が日常的に行われています。

 特に日野先生は、低平地研究会地盤専門部会長の立場で今年度から「GEO・ECOコミュニケーションズ」を立ち上げられ、その関連で例年以上にactiveです。

 このように当研究室では、その内外を問わず貴重な体験をする機会が得られています。末筆に、当研究室ではホームページを開設しています。興味ある方はぜひ一度ご覧下さい。

http://www.ilt.saga-u.ac.jp/~hn_lab/

坂本 令 記

出典「研究室だより,楠志会会報2006,楠志会,p.34,2007.」

前のページに戻る