ただ今のページは /低平地沿岸海域地盤のふしぎ/有明海沿岸低平地における... です
前のページに戻る

 有明海沿岸低平地域における過去の海岸線の変化






 佐賀平野(あるいは佐賀・白石平野、筑紫平野において佐賀・白石地区に広がる平野の別称)における過去の海岸線の変化については、種々の研究成果が公表されています。当研究室では、「過去の海岸線の変化は古環境や地下の調査なしでは知り得ない」、との考えを支持し、ここに掲載する海岸線の変化を研究の基礎に用いています。

 特に海岸線の変化は、地盤環境問題や、地盤環境が土質特性に及ぼす影響に関する研究を行う上で重要な基礎知識となります。各所で異なる見解に基づく佐賀平野の過去の海岸線の変化が公開されている状況・予定にあり、統一的見解の解決が焦眉の急となっています。

有明海湾岸低平地域における過去の海岸線
2005/10/20:日野剛徳
参考文献:

1)下山正一,松本直久,湯村弘志,竹村恵二,岩尾雄四郎,三浦哲彦,陶野郁雄:有明海北岸低地の第四系,九州大学理学部研究報告,地球惑星科学,第18巻,第2号,pp.103-129,1994.
2)Miura, N., Chai, J-C., Hino, T. and Shimoyama, S. : Depositional environment and geotechnical properties of soft deposit in Saga plain, Indian Geotechnical Journal, Vol. 28, No.2, pp.121-146, 1998.
3)下山正一:2 有明海の地史と特産種の成立,有明海の生き物たち〜干潟・河口域の生物多様性〜,佐藤正典編,海遊舎,pp.37-48,2000.
4)佐賀県徐福会:有明海,徐福研究,http://www.try-net.or.jp/~jofuku/kenkyu.htm.
5)asahi.com−MY TOWN佐賀:有明の海・自然と歴史を探る「考古学」,シリーズ・有明の海,企画特集,http://mytown.asahi.com/saga/news01.asp?c=5&kiji=9.

前のページに戻る