ただ今のページは /日野研究室今昔物語/平成13年度... です
前のページに戻る

 平成13年度研究室の思い出






13年度林・日野研究室
 これまでの研究室の思い出を振り返ったのなら、まさに日野研究室が立ち上がった13年度にまで遡らなければ当時の学生達に失礼であろう。と、このページはいつのまにか私の思い出話ばかりで占められてきている。申し訳ない。

 13年度は講師の昇格を得、研究室を立ち上げる機会を得た。初めて自分の研究室を立ち上げるとあって、たいへん緊張した。2名の学生が来てくれた。まだ研究室運営の要領を得ないので、林重徳先生にはずいぶんと助けられた。林先生とのコンビネーションは今後も続くこともあって、独立した研究室運営資格を与えられたが合同研究室の形をとらせていただいた。その後1人の学生の身内に不幸が生じ、このことがきっかけで年度を通じて林先生にずいぶんご心配をかける形になってしまった。以来、私のところに所属してくれた学生はせめて最低限の責任はもって接しようと心に決め、多少の失礼を省みず研究室をほぼ独立した形で運営させていただいている。

 上述のような状況にあったので、所属してくれた2名は「日野研究室」としての自覚は以後の学生達に比べて希薄だったかもしれない。その頃は携帯電話すら持たなかったので、以後の学生達のように気さくに連絡をとることもできない。皆元気に過ごしているであろうか?ぜひとも再会したい。

日野剛徳 記
前のページに戻る