ただ今のページは /日野研究室今昔物語/出席できなかった... です
前のページに戻る

 出席できなかった平成15年度卒業式






記念撮影

山内君との1コマ

秋田さんとの1コマ

空閑さんとの1コマ

 思い起こせば平成15年は12月頃からであろうか、いやそれほどの頻度はなかったにせよその従前から、車を運転していて気が遠くなる感を覚えていた。平成16年に入り3月の半ば、運転中ついに前述の症状に加えて激しい動悸に襲われ、病院に担ぎ込まれてしまった。下された診断結果は、過労による精神的ストレスが溜まってのパニック障害。典型的な症状と言われてしまった。

 症状をなくすには、とにかく長めの休養をとるしかないと言われた。ただでさえ年度末の忙殺を余儀なくされるときであり、その診断結果は「パニック」に一層追い討ちをかけるものであった。ことの成り行き上、15年度スタッフの卒業式への出席も控えざるを得なくなった。これが何より辛かった。

 打ちひしがれるままに彼らの晴れの当日を迎えた。本来ならば、多勢の目を気にせず舞台間近で学位記授与の様子を写真に収め、続く式典でうまい酒を酌み交わしていたであろうに。悶々とした思いで当日を過ごしていたところに思わぬ吉報が飛び込んできた。「今から皆で伺います!」

 ここに掲載の写真は、そのときの様子を写真に納めたものである。わざわざ晴れ姿を見せに来てくれた。彼らの粋な計らいが本当に嬉しかった。場所こそ違えど、皆で記念写真を撮ることができたのは至福の喜びであった。

 ホームページの立ち上げ当初から、このページだけは一刻も早く完成させたいとの思いがあった。改めて粋な計らいにありがとうと言いたかった。

 お陰様で、彼らは無事社会の末席に参画することができた。もはや説教は懲りごりであろうが、これで本当に最後にするのでお許し願いたい。皆くれぐれも健康にはご注意を!そしてたくさん幸せを掴み取って下さい!!末筆に私のカメラの中に収まっていた写真を掲げます。

日野剛徳 記
前のページに戻る