平成15年度卒業研究発表会 概要集より

戻る

有明海浮泥・底泥の広域堆積調査と
海底構造物の形状判定に関する研究

山内慎也

1.はじめに

本研究では,北緯33°以北における有明海の湾奥部を対象に音響底質探査装置を用いた浮泥・底泥の堆積調査を行っている.本報では,2003年度に得られた広域堆積調査結果を2002年度の結果に照らして比較検討する.また,有明海のような濁水環境において海底構造物の形状判定を試みた結果について述べる.

2.反射強度の分布に関する検討

調査で得た収録データから2002年度までは,200kHzと24kHzの最大ピークの差を層厚としたが,この方法ではピークが明瞭ではない場合の層厚を過大に評価することが課題になっていた.200kHzの超音波は,海水と浮泥の境界を捉えていると判断されるので,比較的明瞭なピークを層厚探査開始深さとした.さらに同一調査地域における浮遊物質(SS)等調査の積み重ねに基づいて,24kHzの超音波におけるピーク位置の検索範囲を200kHzのピークから1m程度とした.

3.経時変化に伴う浮泥・底泥の堆積状況の変化

図-1は,2003年度の有明海湾奥部における層厚分布のコンターを示したものである.六角川流入域より沖に向かうラインに0.5m以上の浮泥・底泥が堆積しており,湾奥部の中央付近には1.5m以上の浮泥・底泥が最も厚く堆積しているのがうかがえる.2002年度から2003年度への経過を通じて対象地域全体において浮泥・底泥の堆積状況が減少していることが分かった.

4.海底構造物の形状判定の試み

縦29m,横19mからなる六角形状で施工された囲繞堤の形状判定を試みた.形状判定に際しては200kHzの超音波データのみを用いて解析した.図-2は,200kHzのピーク位置のデータから構造物による反射がある位置の点を平面に40本の測線から検出しプロットしたものと施工時の想定線である六角形状を重ね合わせたものである.今回の試みで囲繞堤の形状を大まかに把握できることが示された.

5.まとめ

今回の調査研究では,年度を通じた堆積状況の変化を把握することができた.海底構造物の形状判定については,今後揺れなどの補正を加えることで解析の精度を高めたいと考えている.