教員紹介 本文へジャンプ
教員プロフィール


 氏名: 山西博幸(やまにしひろゆき)

    〒840-8502 佐賀市本庄町1
             佐賀大学低平地沿岸海域研究センター
   TEL:(0952)28-8582, FAX:(0952)28-8189
    E-mail:yamanisi"at"ilt.saga-u.ac.jp
   (※Eメールでのご連絡の場合「"at"」を「@」に変更してください.)

   略歴

  • 1988年3月 九州大学工学部水工土木学科卒業
  • 1990年3月 九州大学大学院工学研究科水工土木学専攻修了
  • 1990年4月 熊谷組筑波技術研究所研究員
  • 1991年4月 九州大学工学部助手
  • 2001年4月 佐賀大学助教授(低平地研究センター)
  • 2007年4月 佐賀大学准教授(低平地研究センター)
  • 2010年4月 佐賀大学准教授(低平地沿岸海域研究センター・副センター長)
  • 2011年12月 佐賀大学教授(低平地沿岸海域研究センター・副センター長)
  • 2013年10月 佐賀大学プロジェクト研究所・地域防災技術研究所・所長,現在に至る

   学位
  • 博士(工学) 1998年12月(九州大学)

   長期渡航
2003年7月−2004年7月 米国フロリダ大学客員研究員(文科省在外研究員)
ー> 「アメリカ滞在記」
     受賞歴:

 研究分野: 環境工学,沿岸生態工学

 所属学会: 土木学会,日本水環境学会,応用生態工学会,
             低平地研究会,国際低平地研究協会,ほか
             


    

イメージ

  • 底泥や懸濁物質の輸送問題に関する調査解析を通じて学位を取得(九州大学工学部水工土木学科). 
  • 2001年から佐賀大学低平地研究センターにて有明海湾奥部の干潟浅水域や河川感潮域での水環境や生息生物との関係について、学生と共に調査研究を進めています.


担当講義:

  • 教養教育(全学教育)
     環境をはかる
  • 理工学部(学部1年生)  微分積分演習II(分担)
  • 理工学部(学部3年生)
     環境生態工学
  • 大学院(博士前期課程)
     環境輸送特論 
     低平地水圏環境学特論
    融合都市工学特論(分担)
  •  特別研究
    Advanced Environmental Transport Phenomena
  • 大学院(博士後期課程)
     環境システム工学特論

  競争的資金の獲得状況:

  

[本人代表]

 平成26年度 河川財団・河川整備基金助成事業(指定課題研究助成),2カ年

 平成25〜26年度 国土交通省河川砂防技術研究開発,2カ年

 平成25年度 河川財団・河川整備基金助成事業,1カ年

 平成22〜24年度 国土交通省河川技術研究開発,3カ年

 平成23年度 河川環境管理財団・河川整備基金助成事業,1カ年

 平成22年度 河川環境管理財団・河川整備基金助成事業,1カ年

 平成20年度 佐賀市水産振興課・佐嘉漁港周辺でのガタ土堆積の抑制に関する調査研究,1カ年

 平成18年度 九州農政局北部九州土地改良調査管理委託調査事業費,1カ年

 平成16-18年度 科学研究費補助金・基盤研究(B),3カ年

 平成17年度 日本学術振興会・国際研究集会,1ヵ年

 平成17年度 河川環境管理財団・河川整備基金助成事業,1カ年

 平成16年度 河川環境管理財団・河川整備基金助成事業,1カ年

 平成14-15年度 科学研究費補助金・萌芽研究,2カ年(H15年度は在外研究のため辞退)

 平成12-13年度 科学研究費補助金・奨励研究(A),2カ年

 平成9-10年度 科学研究費補助金・奨励研究(A),2カ年

 平成8年度 ウエスコ土木技術振興基金,1カ年

 平成7年度 科学研究費補助金・奨励研究(A),1カ年

 平成7年度 前田記念工学振興財団,1カ年

 平成5年度 科学研究費補助金・奨励研究(A),1カ年

 平成5年度 財団法人中村治四郎育英会奨励金,1カ年

 平成4年度 科学研究費補助金・奨励研究(A),1カ年


[分担研究(H13以降のみ)]

 平成20〜22年度 科学研究費補助金・基盤研究B(代表・楠田哲也)

 平成17〜21年度 文部科学省・科学技術振興調整費(代表・楠田哲也)

 平成13〜15年度 科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)(代表・楠田哲也)

 平成13〜17年度 生物系特定産業技術研究推進機構・新事業創出研究開発事業(代表・林重徳)

 主な論文・著書: 研究業績(2001年〜)

<著書>

1) 山西博幸(分担):有明海(東与賀海岸),図説日本の海岸(柴山知也・茅根創 編),朝倉書店,160p.,2013.5.

2) 山西博幸(分担), 5.1.2(4)土砂管理,5.1.5(1)底質改善(物理的改善),蘇る有明海−再生への道程
(楠田哲也編著),恒星社厚生閣 , pp.232-239, pp.270-278, 2012.2.

3) T.Kusuda, H.Yamanishi, J.Spearman and J. Gailani (eds.), 'Sediment and Ecohydraulics' , Elsevier Science, 502p., 2007.12


<主な研究論文(2001以降)>

  1. 長濱祐美,西村賢人,木塚綾,山西博幸:ヨシ繁茂制御を目的とした貯水トレンチが河岸生息物に与える影響,第51回環境工学研究フォーラム講演集,pp.133-135,2014.12.(abstract審査)
  2. 永瀬真豪,Vongthanasunthorn Narumol,三島悠一郎,三樹祐太,荒木宏之,山西博幸,古賀憲一:「海水導入下における諫早湾干拓調整池の懸濁性物質の挙動に関する研究」,土木学会論文集G(環境),Vol. 70,No. 6(環境システム研究論文集 第42巻),II_167-II_173,2014.10.
  3. N. Vongthanasunthorn, Y. Mitsugi, S. Nagase, P.I. Rerkrai, Y. Mishima, K, Koga, H. Araki and H. Yamanishi : Changes in Suspended Solids in the Reservoir of the Isahaya Bay Reclamation Project under the Continuous Seawater Inflow, Proceedings of 9th International Symposium on Lowland Technology, pp.31-36, 2014.9.
  4. Y. Nagahama, K. Nishimura, A. Kitsuka and H. Yamanishi: Influence of Artificial Trenches on Habitat in a Tidal Area, Proceedings of 9th International Symposium on Lowland Technology, pp.664-669, 2014.9.
  5. 山西博幸,西村賢人,木塚 綾,長濱祐美,佐藤博志,白石清隆,山本佳久:河川高水敷に設置した貯水トレンチの機能と環境特性に関する研究,河川技術論文集,20,73-78,2014.6.
  6. 山西博幸,高致晟,門田理沙,成清嘉隆:牛津川感潮域におけるヨシ漂着物の実態と堆積域への影響に関する研究,第50回環境工学研究フォーラム講演集,pp.263-265,2013.11. (abstract審査)
  7. H. Yamanishi : Study on mud sedimentation and the spreading of vegetation on the riverbank in a tidal river, the 12th International Conference of Cohesive Sediment Transport, Gainesville, Florida, pp.67-68, Oct., 2013.(abstract review )
  8. 山西博幸,山下周平,中村祐介,成清嘉隆,佐藤博志,高木耕太郎,川崎裕之:ヨシの生長とガタ土堆積の相互作用およびヨシ生長抑制策の効果,河川技術論文集,第19巻,pp.399-404, 2013.6.
  9. 山西博幸:強混合型感潮河川河口部からの放流水の流動特性と水域環境への影響,低平地研究,No.22, pp.32-37,2013.6.(査読無).
  10. K. Nishimura and H. Yamanishi :Study on the habitat distribution of Ilyoplax deschampsi in a tidal area of the Ushizu river, Japan, Proc. of the Int. Symp. on Lowland Technology, pp.418-422, 2012.9.
  11. 山西博幸,松岡由泰,蓮尾直志,酒井史,山崎勉,高木耕太郎,川崎裕之:流水能及ぼす河岸ガタ土堆積とヨシ繁茂への対策に関する研究,河川技術論文集,第18巻,pp.23-28, 2012.6.
  12. 山西博幸,松岡由泰,高致晟:河川感潮域でのガタ土堆積に関する研究,低平地研究,No.21,pp.19-24,2012.5.(査読無)
  13. 山西博幸,山下拡,北岡嵩規,白濱祐樹:河川水際環境の変化がヨシ群落の生息空間に及ぼす影響,土木学会論文集G(環境),Vol.67,No.7,III_133-140,2011.11.
  14. 山西博幸,白濱祐樹,山下拡,北岡嵩規,濱邉竜一,高瀬智,山崎勉:強混合型河川感潮域での河岸ガタ土堆積と水際植生管理に関する研究,河川技術論文集,第17巻,pp.203-208,2011.7.
  15. 山西博幸,土持旬平,黒木圭介:干潟環境改善工作物としての粗朶搦工の利用に関する研究,環境工学研究論文集,第47巻,pp.207-213,2010.
  16. N.Vongthanasunthorn, K.Koga, H.Araki, H.Yamanishi, A.Sonoda, Y.Mitsui and P Ittisukananth :Long-term changes in characteristics of suspended solids in the Ariake sea,Proceedings of the 7th Intenenational Symposium on Lowland Technology ,pp.710-716,2010.
  17. 山西博幸,黒木圭介,坂田智昭:粗朶搦工による懸濁物捕捉効果と底生生物の生息場創出に関する研究,海洋開発論文集,Vol.25,pp.347-352,2009.
  18. Nguyen Thi Minh Hang, Nguyen Cao Don, Hiroyuki Araki, Hiroyuki Yamanishi and Kenichi Koga: Applications of a new ecosystem model to study the dynamics of phytoplankton and nutrients in the AriakeSea, west coast of Kyushu, Japan, Journal of Marine Systems Vol.75, No.1-2, pp.1-16, 2009.
  19. 石井孝憲,Patchraporn ITTISUKANANTH ,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,園田彩:有明海における懸濁性物質の長期変動に関する基礎的研究,第36回環境システム研究論文発表会講演集,pp.249-254,2008(abstract審査).
  20. Patchraporn Ittisukananth,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,Narumol Vongthanasunthorn,Winai Liengcharernsit,石井孝憲:Basic study on cyst formation of Chattonella Antiqua in the Ariake sea,第36回環境システム研究論文発表会講演集,pp.255-264,2008(abstract審査)
  21. Takahisa Tokunaga, Hiroyuki Yamanishi, Hiroyuki Araki, Keisuke Kurogi and Seiichi Ono: Development and Assessment of a Fine Particle Acquisition Technique Using the Sodagarami Method in Field Tests, Proceedings of the Eighteenth (2008) International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.558-562, 2008.
  22. 黒木圭介,徳永貴久,山西博幸,荒木宏之:粗朶搦工による干潟域での懸濁物捕捉効果に関する現地調査,第44回環境工学研究フォーラム講演集,第44巻,pp.143-145,2007(abstract審査).
  23. Cao Don, N., Araki, H., Minh Hang, N. T.,Yamanishi, H.: Numerical simulation of hydrodynamics, water quality and sediment transport in the Ariake Sea, Kyushu Island, Japan,In: Sediment and Ecohydraulics, INTERCOH 2005,pp.313-327, 2007, Elsevier Science.
  24. J-C. Chai, S.Hayashai and H.Yamanishi: Effect of the shape submerged dike/mound on mud transport, In: Sediment and Ecohydraulics, INTERCOH 2005, pp.329-337, 2007, Elsevier Science.
  25. N.T.Minh Hang, H.Araki, N.CaoDon, H.Yamanishi and K.Koga: Hydrodynamics and Water Quality Modelling for the Ecosystem of the Ariake Sea, Kyushu, Japan, Journal of Coastal Research SI 50, pp.800-804, 2007.
  26. N.CaoDon, H.Araki, H.Yamanishi, K.Ohgushi, N.T.Minh Hang,., and T.Tokunaga : Sediment transport and short-term sedimentation processes in the tidal flats of the Ariake Sea, west coast of Kyushu, Japan., Journal of Coastal Research, SI 50, pp.837-841, 2007.
  27. 山西博幸・日村健一・古賀康之・前田葵・大石京子・徳永貴久・荒木宏之:泥質干潟域における懸濁物質の沈降特性に関する研究,環境工学研究論文集,Vol.43,pp.527-534, 2006.
  28. 田中健太・荒木宏之・山西博幸・松尾保成・松下睦・三島悠一郎:機能性発泡廃ガラスの水質浄化特性に関する基礎的研究,環境工学研究論文集,Vol.43,pp.373-382, 2006.
  29. Chul-Hwan Koh, Jong Seong Khim, Hiroyuki Araki, Hiroyuki Yamanishi, Hiroyuki Mogi and Kenichi Koga : Tidal resuspension of microphytobenthic chlorophyll a in a Nanaura mudflat, Saga, Ariake Sea, Japan: flood-ebb and spring -neap variations, MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES Vol. 312, pp. 85-100, 2006.
  30. C-H.Koh, J.S.Khim, H.Araki, H.Yamanishi and K.Koga: The flux of microphytobenthic chlorophyll a in response to tidal current in Nanaura mudflat, Ariake Sea, Japan, Proc. of the International Symposium on Lowland Technology, pp.403-406, 2006.
  31. N.T.Minh Hang, H.Araki, N.Cao Don, H.Yamanishi and K.Koga: Long term water quality simulation for water environment in the Arkake sea, Proc. of the International Symposium on Lowland Technology, pp.415-420, 2006.
  32. N.Cao Don, M.S.Mohan Kumar, H.Araki, N.T.Minh Hang, H.Yamanishi and T.Tokunaga, Flow and transport through variably saturated zone near the Ariake sea, Proc. of the International Symposium on Lowland Technology, pp.483-488, 2006.
  33. 山西博幸・荒木宏之・古賀康之・日村健一・大石京子:自動昇降型水質測定装置を用いた有明海湾奥部の干潟における懸濁物質輸送と水質変動に関する現地調査,環境工学研究論文集,Vol.42,pp.297-304, 2005.
  34. N. Cao Don, N.T. Minh Hang, Araki H., Yamanishi H., and Koga K. : Modeling of Water Quality and Sediment Transport in the Ariake Sea, Kyushu, Japan. The 8th International Conference on Cohesive Sediment Transport, Proceedings of the INTERCOH2005, pp.78-79, 2005.
  35. H.Yamanishi, H.Araki, Y.Koga, K.Himura and K.Mizuta : Field surveys on variations and distribution of suspended solids on a mudflat using an automatic water quality profiler, The 8th International Conference on Cohesive Sediment Transport, Proceedings of the INTERCOH2005, pp.126-127, 2005.
  36. T., Mogi H. ,Yamanishi H., Araki H., and Koh C.-H. : Characteristics of Variations of Chlorophyll-a on the Mud Flats on the Ariake Sea and Habitat of Sinonovacula Constricta, Proceedings of International Symposium on Lowland Technology, pp.505-510, 2004.
  37. 山西博幸・荒木宏之.高哲煥・清川徹・茂木裕介・古賀憲一:有明海湾奥部干潟域における懸濁物輸送と底泥付着藻類の変動特性に関する研究,環境工学研究論文集,Vol.40,pp.587-594,2003.
  38. Vongthanasunthorn, N.,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,大串浩一郎:筑後川水系および有明海における水質モデルの開発,環境工学研究論文集 Vol.40,pp.515-522,2003.
  39. 古賀憲一,Vongthanasunthorn, N.,荒木宏之,山西博幸,川邉学,大和則夫:諫早調整値の水質解析,環境工学研究論文集Vol.40,pp.541-550, 2003
  40. Yamanishi H., Araki H., Kiyokawa T., Mogi H. and Koh C.-H. Field Observations of Water Quality and Mud Transport on an Intertidal Mudflat, Proc.of Asian Waterqual 2003, Paper No.2Q5D13 in CD-ROM, 2003.
  41. Yamanishi, H., Kusuda, T., Lee, S., Hara, A. and Hirata, M.: Study on the Habitat of Deiratonotus Japonicus and Aquatic Environment in the Kita River, Japan, Journal of Water Environment Technology,Vol.1&2, pp.49-54, 2003.
  42. 古賀憲一,大串浩一郎,荒木宏之,山西博幸:有明海沿岸陸域からの負荷特性について-筑後川をケーススタディとして- ,日本水産学会誌
    ,第69巻,第2号,pp.430-431,2003.
  43. 山西博幸,荒木宏之:河川感潮部における水環境と生息生物の保全に関する研究,低平地研究,No.11,pp.49-54,2002
  44. 山西博幸,荒木宏之,古賀憲一,佐藤公俊:有明海湾奥部での水質・ 底質特性に関する研究,環境工学研究論文集,Vol.39,pp.219-227,2002
  45. 荒木宏之,Vongthanasunthorn,N.,古賀憲一,山西博幸,大串浩一郎:有明海の水質とボックスモデルを用いたシミュレーション,環境工学研究論文集,Vol.39,pp.229-234,2002
  46. 松尾保成,荒木宏之,山西博幸,古賀憲一:水域直接浄化法の農薬除去機構に関する基礎的研究,環境工学研究論文集,Vol.39,pp.201-208, 2002.
  47. Vongthanasunthorn, N., Koga, K., Araki, H., Yamanishi, H., Water Quality Analysis in the Ariake Sea. 第30回環境システム研究論文発表会講演集,pp.65-70,2002.
  48. Chai, J.-C., Hayashi, S., Yamanishi, H. and Ono, N.: Effect of submerged dike/lifted area on seabed mud transport, Proc. of the Int. Symp. on Lowland Technology, pp.241-246, 2002.
  49. Matsuo, Y., Araki, H., Yamanishi, H. and Koga, K.:Modeling and simulation of a water purification system using the "Sarubou" shell, Proc. of the Int. Symp. on Lowland Technology, pp.349-354, 2002.
  50. Don, N. C., Araki, H., Yamanishi, H. and Koga, K.:Development of a model for flood control in Namha, Vietnam, Proc. of the Int. Symp. on Lowland Technology, pp.387-392, 2002.
  51. Vongthanasunthorn, N., Koga, K., Ohgushi, K., Araki, H., Yamanishi, H., and Liengcharernsit, W.:Water quality analysis in the ariake sea using the finite-volume model, Proc. of the Int. Symp. on Lowland Technology, pp.437-442, 2002
  52. 山西博幸,楠田哲也,平田将彦,呉一權,李昇潤:カワスナガニ Deiratonotus japonicusの現地生息横断分布と生息選好性に関する研究,環境工学研究論文集,Vol.38,pp.1-11,2001
  53. Yamanishi, H., Kusuda, T., Lee, S., Hara, A. and Hirata, M.: Study on the habitat of Deiratonotus japonicus and aquatic environment in the Kita river, Japan, Proc. Asian Waterqual 2001, Vol.2, pp.357-362, 2001
  54. Araki, H., Sato, K., Koga, K., Yamanishi, H. Ohgushi, K. and Liengcharernsit, W.:Study on environmental change and peculiarity of Ariake Sea, Japan, In: Water Resources Management, Brebbia, C.A. et al eds., WITpress, pp.341-350, 2001
  55. Yamanishi, H., Higashi, O., Kusuda, T. and Watanabe, R. : Mud scour on a slope under breaking waves, In: Coastal and Estuarine Fine Sediment Transport Processes, W.H. McAnaly and A.J. Mehta. eds. , Elsevier Science B.V., pp.63-77, 2001.
  56. Watanabe, R., Kusuda, T., Yamanishi, H. and Yamasaki, K. : Modeling of fluid mud flow on an inclined bed, In: Coastal and Estuarine Fine Sediment Transport Processes, W.H. McAnaly and A.J. Mehta. eds. , Elsevier Science B.V., pp249-261, 2001.


 講演および誌上発表分(2003年度以降のみ掲載 )

【2014年度】

1) 木塚綾,山西博幸,長濱祐美:植生管理用トレンチ内の水質と水生生物の環境評価に関する一考察,応用生態工学会第18回研究発表会講演集,pp.267-268, 2014.9.

2) 福島保奈美,山西博幸,井上紀行,長濱祐美:硝化抑制された下水処理放流水の水・底質環境への影響に関する検討,平成26年度日本水環境学会九州沖縄支部研究発表会講演要旨集,p.9,2015.2.

3) 高致晟,山西博幸,東勇樹:牛津川感潮域のヨシ流出特性とそれにもとづく植生管理,平成26年度日本水環境学会九州沖縄支部研究発表会講演要旨集,pp.70-71,2015.2.(優秀発表賞受賞)

4) 池田匠児,山田真義,山内正仁,長濱祐美,山西博幸:河川に繁茂するヨシのきのこ栽培への適用,平成26年度日本水環境学会九州沖縄支部研究発表会講演要旨集,p.72,2015.2.

5) 山西博幸,高致晟,東勇樹,山本佳久:河川感潮域における浮遊ヨシの流動に関する研究,第49回日本水環境学会年会講演集,p.14,2015.3.

6) 長濱祐美,木塚綾,大峯貴裕,山西博幸:感潮河川に設置された貯水トレンチ内の生物相とその要因,第49回日本水環境学会年会講演集,p.210,2015.3.

【2013年度】

1)山西博幸,佐藤博志,川崎裕之:河川高水敷に繁茂するヨシの生長抑制に関する実証実験,土木学会第68回年次学術講演会,VII-013, pp.25-26,2013.9.

2)永瀬真豪,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,V. Narumol:筑後川感潮域における栄養塩の挙動に関する研究,土木学会第68回年次学術講演会,VII-116, pp.231-232,2013.9.

3)平林啓太,古賀憲一,三樹祐太,荒木宏之,山西博幸,三島悠一郎:諫早湾干拓調整池における懸濁性物質濃度の挙動に関する基礎的研究,土木学会第68回年次学術講演会,VII-118, pp.235-236,2013.9.

4)山西博幸,佐藤博志,川崎裕之,山本佳久:河道内ヨシ群落の繁茂抑制に関する検討,応用生態工学会第17回研究発表会講演集,pp.267-268, 2013.9.

5)門田理沙,山西博幸,高 致晟,長濱祐美:ヨシ流出が周辺環境に及ぼす影響に関する実験的検討,平成25年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-14,pp.791-792,2014.3

6)西村賢人,山西博幸,木塚綾,長濱祐美:河岸植生管理のための貯水トレンチが水質および生息環境に及ぼす影響,平成25年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-15,pp.793-794,2014.3

7)高致晟,山西博幸,門田理沙,長濱祐美:牛津川感潮域におけるヨシ由来の窒素・リンの挙動および堆積域への影響評価
,第48回日本水環境学会年会講演集,p.8,2014.3.

8)長濱祐美,西村賢人,木塚綾,山西博幸:河岸植生管理のための貯水トレンチが周辺の生物へ与える影響,第48回日本水環境学会年会講演集,p.259,2014.3.

9)山西博幸,八尋淳也,長濱祐美:地域特性に応じた下水処理放流水が周辺水域に及ぼす影響,第48回日本水環境学会年会講演集,p.346,2014.3.

10)木塚綾,山西博幸,西村賢人,長濱祐美:貯水トレンチ内の底質堆積モニタリング,第48回日本水環境学会年会講演集,p.617,2014.3.

【2012年度】

1)H. Yamanishi : Study on mud sedimentation and the habitat of Phragmites australis of riverbank in a tidal river, 50th ECSA Conference: Today's science for tomorrow's Management, Poster Program, P-117, 2012.6.

2) 山西博幸:エスチャリーにおける物質輸送と生態系,用水と廃水,54巻,9号,p.1, 2012.9.

3) 山西博幸:第15回日本水環境学会シンポジウム総括報告,水環境学会誌,35(A),12,pp.386-389,2012.12.

4) 山西博幸,中村祐介,山下周平:河川感潮域におけるヨシの植生分布とその制御に関する研究,平成24年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演要旨集,p.17,2013.2.

5)成清嘉隆,山西博幸,中村祐介,西村賢人,末長友利,山下周平:牛津川河川感潮域におけるヨシを主体とした漂着物の実態調査,平成24年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-54,pp.957-958,2013.3

6)中村祐介,山西博幸,西村賢人,成清嘉隆,山下周平,末長友利:遮蔽板によるヨシ群落の拡大抑制と地盤内環境への影響に関する研究,平成24年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-55,pp.959-960,2013.3.

7)山下周平,山西博幸,西村賢人,末長友利,中村祐介,成清嘉隆:河岸ヨシ群落の生長とガタ土堆積との相互作用に関する研究,平成24年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-56,pp.961-962,2013.3.

8)西村賢人,山西博幸:生息生物を指標とした河川環境評価と河川管理への適用に関する基礎的研究,平成24年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-56,pp.937-938,2013.3.

9)山西博幸,成清嘉隆,中村祐介,山下周平:河道内を起源としたヨシの流出分布とその特性,第47回日本水環境学会年会講演集,p.223,2013.3.

【2011年度】

1)酒井史,山西博幸,高致晟,西村賢人,蓮尾直志,松岡由泰:牛津川感潮域河岸部のヨシの広がりとヨシ地下部環境,平成23年度土木学会西部支部研究発表会 2012年3月

2)西村賢人,山西博幸,高致晟,酒井史,蓮尾直志,松岡由泰:牛津川感潮域におけるハラグクレチゴガニの広域調査とその分布特性に関する研究,平成23年度土木学会西部支部研究発表会 2012年3月

3)蓮尾直志,山西博幸,高致晟,酒井史人,西村賢人,松岡由泰:ヨシの生長特性と水際への進行に関する研究,平成23年度土木学会西部支部研究発表会 2012年3月

4)松岡由泰,山西博幸,高致晟,蓮尾直志,西村賢人,酒井史:強混合型感潮河川河岸部のガタ土堆積に関する現地調査,平成23年度土木学会西部支部研究発表会 2012年3月

5)西村賢人,山西博幸,酒井 史,高 致晟,蓮尾直志,松岡由泰:牛津川感潮域におけるハラグクレチゴガニの分布特性に関する研究,第46回日本水環境学会年会 2012年3月

6)酒井 史,山西博幸,蓮尾直志,松岡由泰,高 致晟,西村賢人:牛津川河岸ヨシ群落の生長とそれに及ぼす影響因子,第46回日本水環境学会年会 2012年3月

7)山西博幸,松岡由泰,高 致晟,蓮尾直志,酒井 史,西村賢人:河岸傾斜部での懸濁物輸送とガタ土堆積に関する研究,第46回日本水環境学会年会 2012年3月

8)山西博幸,北岡嵩規,白濱祐樹,山下 拡:気候変動に伴う河川水際環境への影響に関する基礎的研究,土木学会第66回年次学術講演会 2011年9月

9)山西博幸,山下 拡,北岡嵩規,白濱祐樹:河川改修に伴う北川感潮域での水環境変化と生息空間への影響に関する研究,土木学会第66回年次学術講演会 2011年9月

【2010年度】

1)   北岡嵩規,山西博幸,白濱祐樹,山下拡:気候変動に伴う水際生態系への影響に関する基礎的研究,平成22年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集, pp.87 - 888,2011.3.

2)   白濱祐樹,山西博幸,山下拡,北岡嵩規:河川感潮域における河道内ガタ土堆積に関する現地調査,平成22年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集, pp.841 - 842,2011.3.

3)   山下拡,山西博幸,北岡嵩規,白濱祐樹:河岸ガタ土堆積域におけるヨシの分布特性に関する現地調査,平成22年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集, pp.839 - 840,2011.3.

4)   白濱祐樹,山西博幸,山下拡,北岡嵩規:牛津川感潮域のガタ土堆積に関する現地調査,平成22年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演要旨集, p.24, 2011.3.

5)   山西博幸,山下拡,北岡嵩規,白濱祐樹,河川改修に伴う北川感潮域での水環境変化と生息空間への影響,第45回日本水環境学会年会講演集,p.123,2011.3.

6)   橋口尚平,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,Narumol Vongthanasunthorn,森元賢哉,三樹祐太:諫早湾干拓調整池の水質予測に関する研究,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集, pp.23 - 24,2010.9.

7)   ウォンタナースントーン・ナルモン,荒木宏之,山西博幸,古賀憲一,山口秀樹:筑後川感潮域の水質特性に関する基礎的研究,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集, pp.25 - 26,2010.9.

8)   山西博幸,井手口洸大,土持旬平,中村雅俊:高濁度水域における一次生産と栄養塩の挙動に関する現地調査,土木学会第65回年次学術講演会講演概要集, pp.29 - 30,2010.9.

【2009年度】

1)山西博幸,大田孝:長期水質観測による有明海湾奥西部水域の水環境特性に関する研究,土木学会第64回年次学術講演会,DISK(部門II),pp.255-256,2009.9.

2)本多晃一,古賀憲一, 荒木宏之,山西博幸:諫早湾干拓調整池の水質予測に関する基礎的研究,土木学会第64回年次学術講演会,DISK(部門VII),pp.13-14,2009.9.

3)橋口尚平,古賀憲一, 荒木宏之,山西博幸,石井孝憲:三次元有限容積法を用いた有明海における溶存酸素濃度解析,土木学会第64回年次学術講演会,DISK(部門VII),pp.15-16,2009.9.

4)山西博幸,土持旬平,末次大輔,林重徳,荒木宏之:粗朶搦工による懸濁物捕捉効果と干潟生息場創出の試み,有明海生物生息環境の俯瞰的再生と実証試験成果報告会講演要旨集,pp.29-34,2010.1.

5)末次大輔,林重徳,山西博幸,荒木宏之,日野剛徳,野口敏春,大隈斉,津城啓子,原裕,松尾保成,牛原裕司:囲繞堤と覆砂混合耕耘による泥質干潟の底質改善技術,有明海生物生息環境の俯瞰的再生と実証試験成果報告会講演要旨集,pp.35-40,2010.1.

6)井手口洸大,山西博幸,土持旬平,中村雅俊:有明海湾奥部干潟浅水域における一次生産能に関する研究,平成21年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II-054,pp.283-284,2010.3.

7)土持旬平,山西博幸,井手口洸大,中村雅俊:粗朶搦工設置に伴う底質環境変化と底生生物の生息場創出に関する研究,平成21年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II-055,pp.285-286,2010.3.

8)山西博幸,井手口洸大:高濁度水域における一次生産能と栄養塩の挙動に関する研究,第44回日本水環境学会年会講演集,p.352,2010.3.

【2008年度】

1)黒木圭介,山西博幸,荒木宏之,徳永貴久,近藤弘隆:粗朶搦工と気泡噴流を用いた懸濁物粒子群の捕捉効果に関する現地調査,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK(部門II),pp.183-184,2008.9

2)大田孝,山西博幸,荒木宏之,林重徳,鈴谷雄二郎:有明海湾奥部の長期水質観測と噴流式水質改善システムによる貧酸素水塊の解消とその対策に関する研究,CD-ROM,DISK(部門VII),pp.427-428,2008.9

4)藤瀬裕貴,山西博幸,大田孝:河岸泥の堆積抑制法とその効果に関する現地実験,平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II-057,pp.285-286,2009.3.

5)野田輝之,山西博幸,大田孝:気泡噴流による干潟水域の水質改善に関する現地調査,平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II-078,pp.327-328,2009.3.

6)黒木圭介,山西博幸,坂田智昭,荒木宏之:粗朶搦工による懸濁粒子の捕捉効果に関する研究,平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,II-079,pp.329-330,2009.3.

7)坂田智昭,山西博幸,黒木圭介:粗朶搦工設置に伴う底質環境と底生生物への影響に関する研究,平成20年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,VII-039,pp.959-960,2009.3.

8)山西博幸,大田孝:長期観測に基づく干潟域での水質変動特性と赤潮発生予兆に関する一考察,第43回日本水環境学会年会講演集,p.36,2009.3(口頭発表).

9)黒木圭介,山西博幸,坂田智昭,荒木宏之:粗朶搦工の懸濁物捕捉効果と底生生物への影響,p.507,2009.3(ポスターセッション).

10)大田孝,山西博幸,野田輝之:干潟水域における水質の長期モニタリングと物質輸送特性に関する研究,第43回日本水環境学会年会講演集,p.509,2009.3(ポスターセッション).

11)野田輝之,山西博幸,大田孝:気泡噴流による周辺水域の水質と成層に及ぼす影響に関する現地調査,平成20年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.5-6,2009.2

12)坂田智昭,山西博幸,黒木圭介:粗朶搦工設置に伴う水・底質及び底生生物への影響に関する研究,平成20年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.45-46,2009.2

13)藤瀬裕貴,山西博幸,大田孝,黒木圭介:河岸底泥の堆積モニタリングとその抑制策に関する研究,平成20年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.47-48,2009.2

【2007年度】

1)大田孝,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,古賀康之:有明海湾奥西部水域における長期モニタリングと底泥の酸素消費に関する研究,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.265-266,2007.

2)黒木圭介,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,小野盛一:粗朶搦工における干潟での細粒分捕捉効果に関する研究,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.71-72,2007.

3)古賀沙織,三島悠一郎,田中健太,荒木宏之,山西博幸,久場隆広:硝化菌共存下におけるゼオライト化発泡廃ガラスのアンモニア除去特性,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.447-448,2007.

4)野口潤二,山崎良和,Patchraporn, I.,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸:干拓調整池の懸濁性物質の挙動に関する基礎的研究,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.245-246,2007.

5)三島悠一郎,松下睦,松尾保成,荒木宏之,山西博幸:リン除去を目的とした発泡廃ガラスの開発に関する基礎的研究,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.449-450,2007.

6)山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,大石京子:泥質干潟における懸濁濃度の動態と水質変動に関する研究,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.261-262,2007.

7)渡邊千秋,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之:アゲマキガイの生息選好性に関する室内生息実験,土木学会第62回年次学術講演会,CD-ROM,DISK2,pp.77-78,2007.

8)有川雄一郎,荒木宏之,山西博幸,松尾保成,落合一明:水質浄化用接触材の比較と発泡廃ガラスの浄化性能に関する研究,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.941-942,2008.

9)石井孝憲,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,Patchraporn, I.:有限容積モデルを用いた有明海における溶存酸素濃度計算,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.997-998,2008.

10)近藤弘隆,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,黒木圭介:粗朶搦工による干潟での細粒分捕捉技術の効果に関する現地調査,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.877-879,2008.

11)三島悠一郎,荒木宏之,山西博幸,松尾保成:アルミニウムを利用した発泡廃ガラスへのリン除去能付加に関する研究,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.893-894,2008.

12)山西博幸,鈴谷雄二郎,大田孝,荒木宏之,徳永貴久:噴流式水質改善システムによる貧酸素水塊の改善とその対策に関する現地調査,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.971-972,2008.

13)熊英,荒木宏之,山西博幸,Don, N.:遮水カーテンによるダム湖内の富栄養化抑制技術に関する基礎的研究-流れと水質シミュレーション,平成19年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.999-1000,2008.

14)山西博幸,鈴谷雄二郎,大田孝,徳永貴久,荒木宏之,林重徳:有明海湾奥浅水域での貧酸素水の流動特性とその解消に関する現地実験,第42回日本水環境学会年会講演集,p.135,2008.

15)黒木圭介,山西博幸,荒木宏之,徳永貴久,近藤弘隆:粗朶搦工と気泡噴流による泥質干潟での細粒分捕捉効果に関する研究,平成19年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,p.15-16,2008.

【2006年度】

1)三島悠一郎,松下睦,荒木宏之,山西博幸,松尾保成,田中健太:発泡廃ガラスを用いた水質浄化と機能性付加,土木学会第61回年次学術講演会,CD-ROM,第7部門,pp.21‐22,2006.

2)日村健一,山西博幸,荒木宏之,徳永貴久,大石京子,古賀康之,前田葵:有明海湾奥干潟域における懸濁物の沈降特性に関する現地調査,土木学会第61回年次学術講演会,CD-ROM,第7部門,pp.137‐138,2006.

3)古賀康之,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,日村健一,水田勝也,古賀憲一:有明海湾奥西部水域における夏季のDO変動と底泥の酸素消費に関する研究,第7部門,土木学会第61回年次学術講演会,CD-ROM,pp.139‐140,2006.

4)石井孝憲,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,I. Patchraporn:有限容積モデルによる有明海の塩分濃度計算,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1023‐1024,2007.

5)黒木圭介,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,小野盛一,日村健一,古賀康之:粗朶搦工による干潟での細粒分捕捉技術の開発と効果に関する現地調査,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1017‐1018,2007.

6)古賀沙織,三島悠一郎,田中健太,松尾保成,荒木宏之,山西博幸:硝化菌共存下におけるゼオライト化発泡廃ガラスのアンモニア除去特性に関する研究,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.859‐860,2007.

7)小林和也,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之:室内実験によるアゲマキガイの生息選好性に関する研究,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1015‐1016,2007.

8)日村健一,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,大石京子:有明海湾奥部の泥干潟における水質変動に関する研究,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.997‐998,2007.

8)松下睦,三島悠一郎,田中健太,松尾保成,荒木宏之,山西博幸:発泡廃ガラスへのリン除去機能付加に関する研究,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.891‐892,2007.

9)野口潤二,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,山崎良和,I. Patchraporn:干拓調整池の懸濁性物質の挙動に関する基礎的研究,平成18年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1029‐1030,2007.

10)大田孝,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,古賀康之:有明海湾奥西部水域における水質の長期観測と酸素消費に関する研究,平成18年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.13‐14,2007.

11)小野盛一,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,黒木圭介:有明海湾奥干潟域における懸濁物質輸送と粗朶搦工の効果に関する研究,平成18年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.15‐16,2007.

12)古賀康之,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,日村健一,大田孝:泥干潟における水質の空間分布と懸濁物質の輸送特性に関する研究,平成18年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演概要集,pp.17‐18,2007.

13)日村健一,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,大石京子:泥干潟における懸濁物質の動態に関する研究,第41回日本水環境学会年会講演集,p.137,2007.

14)松下睦,三島悠一郎,田中健太,松尾保成,荒木宏之,山西博幸:鉄型発泡廃ガラスを用いたリン除去に関する研究,第41回日本水環境学会年会講演集,p.360,2007.

【2005年度】

1)松下睦,H. D. Hung,田中健太,松尾保成,荒木宏之,山西博幸:ゼオライト化発泡廃ガラスの吸着特性に関する研究,土木学会第60回年次学術講演会,CD-ROM,DISC2,pp.159‐160,2005.

2)田中健太,松尾保成,荒木宏之,山西博幸,H. D. Hung,松下睦:下水を用いた発泡廃ガラスの水質浄化特性に関する研究,土木学会第60回年次学術講演会,CD-ROM,DISC2,pp.161‐162,2005.

3)小野盛一,荒木宏之,山西博幸,古賀憲一,茂木裕介:生態系モデルを用いた有明海の3次元水質解析,土木学会第60回年次学術講演会,CD-ROM,DISC2,pp.201‐202,2005.

4)日村健一,山西博幸,荒木宏之,古賀康之,大石京子:有明海湾奥干潟域における直上水の懸濁物質及び栄養塩の挙動特性に関する現地調査,土木学会第60回年次学術講演会,CD-ROM,DISC2,pp.269‐270,2005.

5)古賀康之,山西博幸,荒木宏之,水田勝也,日村健一:自動昇降型水質装置を用いた干潟上の水質変動に関する現地調査,土木学会第60回年次学術講演会,CD-ROM,DISC2,pp.273‐274,2005.

6)今村敬,日野剛徳,林重徳,山西博幸,黒木克己:携行式音波探査装置を用いた有明海海底泥の分布変化について,第40回地盤工学研究発表会平成17年度発表講演集,CD-ROM,pp.101‐102,2005.

7)荒木宏之,Nguyen Thi Minh HANG,Nguyen Cao DON,山西博幸,古賀憲一:Nutrients and Chlorophyll-A Dynamics in the Ariake Sea,-44, pp.1013-1014,2006.

8)飯田照康,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸:干拓調整池の藻類の挙動に関する研究,平成17年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.991‐992,2006.

9)水田勝也,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之,古賀憲一:有明海湾奥水域でのモニタリング調査を通した水環境特性の把握,平成17年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1005‐1006,2006.

10)山崎良和,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸:干拓調整池の塩分濃度と藻類の挙動に関する研究,平成17年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.989‐990,2006.

11)養父芳博,山西博幸,徳永貴久,荒木宏之:有明海湾奥部干潟域における底泥およびベントスの酸素消費に関する研究,平成17年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,pp.1007‐1008,2006.

【2004年度】

1)馬崎淳司,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,Vongthanasunthorn, N.:有明海の藻類モデルに関する検討,土木学会第59回年次学術講演会,CD-ROM, DISK2,VII-96,2004.

2)松山秦也,古賀憲一,荒木宏之,山西博幸,Vongthanasunthorn, N.:有明海湾奥部の水質におよぼす筑後川流域負荷の影響,土木学会第59回年次学術講演会,CD-ROM, DISK2,VII-94,2004.

3)水田勝也,山西博幸,荒木宏之,古賀憲一,Vongthanasunthorn, N.:有明海湾奥西部深水域の水理・水質変動に関する研究,土木学会第59回年次学術講演会,CD-ROM, DISK2,VII--095,2004.

4)茂木祐介,山西博幸,荒木宏之,高哲煥:アゲマキ生息環境に及ぼす底泥付着藻類の影響に関する研究,土木学会第59回年次学術講演会,CD-ROM, DISK2,VII-120,2004.

5)養父芳博,山西博幸,荒木宏之,古賀憲一,茂木祐介:有明海湾奥干潟域における低質分布とその特性に関する研究,土木学会第59回年次学術講演会,CD-ROM, DISK2,VII-119,2004.

6)山西博幸,荒木宏之,古賀康之,日村健一,水田勝也,大石京子:有明海湾奥部干潟域における底泥の巻き上げとその水質への影響,平成16年度日本水環境学会九州支部研究発表会講演要旨集,pp.23-24,2005.

7)古賀康之,山西博幸,荒木宏之,水田勝也,日村健一:有明海湾奥部干潟域における底泥の巻き上げに関する現地調査,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII-086, pp.429-430,2005.

8)日村健一,山西博幸,荒木宏之,水田勝也,養父芳博,古賀康之,大石京子:有明海湾奥干潟底質の巻き上げが直上水の水質に及ぼす影響に関する現地調査,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII -083, pp.1025-1026,2005.

9)水田勝也,山西博幸,荒木宏之,養父芳博,古賀康之,日村健一:有明海湾奥部における懸濁物輸送と水質特性に関する現地調査,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII -084, pp.1027-1028,2005.

10)茂木裕介,山西博幸,荒木宏之,古賀憲一:生態系モデルを用いた有明海の水質計算,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII -042, pp.943-944,2005.

11)養父芳博,山西博幸,荒木宏之:有明海湾奥干潟域における底質特性とベントスに関する現地調査,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII -085, pp.1029-1030,2005.

12)米原克則,荒木宏之,山西博幸,田中健太,松尾保成:発泡廃ガラスの水質浄化特性に関する研究,平成16年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集,CD-ROM,VII -057, pp.973-974,2005.

【2003年度】

1)   水田勝也・山西博幸・荒木宏之・清川徹:有明海湾奥部西部深水域における水理・水質変動に関する現地調査,平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 B458-459,2004.3.

2)   養父芳博・山西博幸・荒木宏之・古賀憲一:有明海湾奥部干潟域における底質分布とその特性に関する調査 ,平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 B466-467,2004.3.

3)   Nguyen Cao DON・山西博幸・荒木宏之・古賀憲一 :Modeling of Ground Water Flow and Land Subsidence due to Pumping in Shiroishi,Saga ,平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 B506-507,2004.3. 

4)   茂木祐介・高哲煥・山西博幸・荒木宏之:アゲマキ生息環境に及ぼす干潟底泥付着珪藻の影響,平成15年度土木学会西部支部研究発表会講演概要集 B456-457,2004.3.

5)   茂木祐介・山西博幸・荒木宏之・高哲煥:有明海湾奥部干潟域のChl-a変動特性とアゲマキノ生息環境に関する研究,第38回日本水環境学会年会講演集 p.37,2004.3.

6)   茂木祐介・山西博幸・荒木宏之・高哲煥・古賀憲一:有明海七浦干潟におけるクロロフィルaの変動特性,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-062,2003.9.

7)   清川徹・山西博幸・荒木宏之・茂木祐介・古賀憲一:有明海湾奥部の水質変動特性に関する現地調査 ,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-063 ,2003.9

8)   川辺学・古賀憲一・荒木宏之・山西博幸・大和則夫:諫早干拓調整地の水質計算,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-279,2003.9

9)   Vongthanasunthorn, N.,古賀憲一・荒木宏之・山西博幸・真崎亜希子:筑後川水系及び有明海における水質統合モデルの開発,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-278,2003.9

10)  田中健太・荒木宏之・山西博幸・原裕・安高進:水質浄化に用いる接触剤としての発泡廃ガラス材の適用性,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-129,2003.9

11)  柴錦春・林重徳・山西博幸・小野信幸:浮泥・底泥の移動における囲繞堤の効果に関する数値解析検討 ,土木学会第58回年次学術講演会 VII2-279,2003.9